不妊治療・・不妊検査、不妊症の診察、問診を受けて検査を受けよう。不妊専門クリニックを受診しましょう。

乳がん、子宮がん、生理不順、婦人病など女性、婦人の病気情報/症状と検査を受けよう
女性の病気、症状情報サイト/婦人病、生理、子宮癌検査、乳癌検査、更年期障害、ストレスうつなどの精神病予防の参考にご覧ください。

 
生理関係の症状別

生理のときによくある不安、どんなものがあるかチェックしてみましょう。

生理がこない・・・
今までの生理が急にこなくなったりすることがあります。
妊娠なら問題はないのですが、妊娠もしていないのに生理が止まってしまう。
そんな時は、原因を調べなければなりません。
そのまま放置してしまうと、生理が戻らないことがありますので注意が必要です。
どんな病気が考えられる??
よくあるのが過度のスポーツやダイエットにより、体の栄養のバランスが崩れたときです。
そのほか、強い精神的ストレスなども考えられます。
その場合は生理不順などを疑いましょう。基礎体温をつけて、婦人科検診を受けましょう。

生理不順の説明

生理時以外に出血がある・

生理でもないのに、出血が見られる。出血が続く。
そういった場合は、不正出血といい、病気の前兆もあるので注意が必要です。
子宮だけでなく、膣内部からの出血の可能性もあります。

どんな病気が考えられる??
詳しくは専門医院での検査、婦人科を受診しなければいけません。
10代などはホルモンのバランスの崩れもありますが、20代〜になると子宮筋腫や子宮頸がんなどの場合もありますので、早期発見、治療を受けましょう。定期的な婦人科検診など積極的に受診しましょう。


子宮筋腫の説明
子宮頸がんの説明

生理の量が多い

生理の量というものが具体的にどう多いかは個人差がありますが、下記の用な場合は、一般よりも生理の量が多いと思われます。

・ナプキンをすぐ交換しないといけない。1時間もたない。
・寝ている間、仕事をしていて、下着を汚すことが多い。
・ドロドロした血の塊のようなものが出るときがある。

どんな病気が考えられる??
ストレスやホルモンバランス、長時間の立仕事など、普段の生活が影響している場合がありますが、子宮筋腫や子宮体がんなどが原因の場合もあります。貧血も伴いますので、一度婦人検診を受診して原因を知りましょう。


子宮筋腫の説明
子宮体がんの説明

 

生理に関する不安はさまざまです。
生理がこなかったり、病気による性器の異常などがあります。
治療が必要な場合も含め、早期に診察、検査を受けることが大切です。

 【更新情報】
乳房の病気、乳がんの検査についてを追加いたしました。
婦人検診の前に、健康で気になるところを自宅検診でチェックしてみよう。

こんな検査が自宅でできる
生活習慣病の予防検査
尿検査
メタボリックシンドローム検査
ウイルス肝炎検査
骨粗しょう症検査
糖尿病検査

詳しくはこちら


こんな検査が自宅でできる
肺がん検査
肝臓がん検査
胃がん検査
子宮頸部がん検査
子宮がん検査
その他細菌検査

詳しくはこちら

こんな検査が自宅でできる
女性性病クラミジア検査
女性性病淋病検査
女性性病トリコモナス検査
女性性病クラミジア検査
女性子宮頸がん検査
その他、女性性器や細菌病の検査など

詳しくはこちら


こんな検査が自宅でできる
花粉アレルギー検査
食物アレルギー検査
動物アレルギー検査
カビアレルギー検査
ダニ、ハウスダスト検査
その他アレルギー検査

詳しくはこちら


女性の気になる病気、症状で検査を受けたいと思われた場合は、是非婦人科検診を受けましょう。子宮がんや乳がんなど特有の検査に適しています。早期発見、検査が大切です。
ストレスからくる心の病、うつや不眠症、パニック障害なども治療やケアが必要です。現代病とも言われる心の病気対策をしましょう。